流行りのグッズから定番人気商品までおすすめをラインナップ

生活が変わる「最強グッズ」

保険

大人の自動車保険、なぜ安い?デメリットはないのか!!

投稿日:

香川照之さんの大人の自動車保険のCMをみて、興味を持ったあなた、

インターネットからの加入で10,000円割引というのを聞いて、加入してみようかなと思ったのではないでしょうか。

またインターネットで加入できる自動車保険は、安いというイメージがありますが、大人の自動車保険も安いのでしょうか?そして安いということはデメリットはないのでしょうか?

加入前にそんな「大人の自動車保険」について知りたい方に安いのか、デメリットはないのかについて紹介したいと思います。

 

大人の自動車保険は普通の自動車保険より安い?

あなたは自動車保険、どこで加入していますか?

大体の方は車を購入したところで加入しているのではないでしょうか、もしくは知り合いの保険屋さんや自動車屋さんから入っているのではないでしょうか。

実はですね、その時点で自動車保険の仕組み上、高くなってしまいます。

いや高くはなってないんですが、わかりやすくいうと安くはできないといった方がわかりやすいでしょうか。

なぜなら、それは代理店だからです。

 

普通、自動車保険に入るには保険屋さんから入れないといけませんよね、損保ジャパンとか、東京海上日動とか、ですが直接車を売ったりするのはディーラーや中古車屋さんですよね、その時保険は保険屋さん、車は車屋さんなんて手続きしていると手間ですよね、

なので代理店といって車屋さんでも自動車保険が扱えるようになっているんです。だから車を買うときに、普通に車屋さんに勧められるままに自動車保険にも加入してしまいますよね。

 

ですが、実は大人の自動車保険のようなインターネットで加入できるダイレクト型自動車保険の方が安くなるのです。

 

ダイレクト自動車保険は代理店と比べてなぜ安い?

ではインターネットで加入できるダイレクト自動車保険は代理店と比べてなせ安いのでしょうか、

それは両者の業務形態に違いがあるからです。

代理店

代理店は保険会社の委託を受けています、そして保険会社の代わりに保険商品の説明や手続きをしますよね、なので簡単にいうと手数料がコストとしてかかってくるのです。

 

ダイレクト型

ではダイレクト型はどうかというと、インターネットの通信を使って保険会社と直接、保険契約をします。

つまり代理店を介さないので代理店に支払うコストは不要となります。さらに人件費も削減できるので、その分保険を安くできるのです。

 

物販で考えるとわかりやすいと思います、例えばカー用品など、最近はお店で買うよりインターネットの方が安くないですか、これも代理店を介さないで直接買えるようになったのでコストがかからないという理由で安くなっています。保険も同じような形で安くなっていると考えるとわかりやすいと思います。

 

大人の自動車保険のデメリットは?

大人の自動車保険のようなダイレクト型は代理店に支払うコストが抑えられるため安くなるのはわかりました。

ですが、こういったダイレクト型の自動車保険にはデメリットはないのでしょうか?トラブルの起きる可能性(デメリット)を考えてみました。

事故対応でのデメリット

万が一事故が起きたら保険会社に連絡しないといけません、それが保険ですからね、

車屋さんで保険に加入している場合は車屋さんの担当者に電話したら、その担当者さんが保険会社に連絡してくれます、そして大体の場合は事故現場に駆けつけてくれます。なので担当者と仲が良ければ便利で安心ですよね。

ですがダイレクト型の自動車保険に自分で加入したら事故が起きたとき自分で保険会社に連絡しなければならないのです。当然、車を購入したときの担当者は来てくれません(いい人なら来てくれるでしょうが・・)

 

でも、ここで冷静になって考えてください、例え車屋さんの担当者が、事故したときに保険会社に連絡してくれても、結局最後は保険会社の人と話すのは自分です。悪い言い方をすれば間に入る手間が増えているだけです。しかも今のダイレクト型の自動車保険は現場にも駆けつけてくれます。またどうしても現場には駆けつけてくれない場合もありますがその場で電話を変わってくれて相手と話してくれることもあります。

そう考えるとそんなにデメリットはないような気がしますが、これをデメリットと考えるかはあなた次第となりますね。

 

ロードアシスタントのデメリット

もう一つデメリットと捉えられるのが、ロードアシスタンス特約はオプションとなることです。

代理店で保険に入るとロードアシスタンス特約は付いていることが多いですが、こういったダイレクト型の自動車保険ではオプションとなることがほとんどです。

ロードアシスタンスとは、保険契約の車が、事故・故障・トラブルにより自力走行ができなくなった場合に、ロードアシスタンスのスタッフが現場に急行し、応急処置してくれるサービスです。

ですが保険に加入してロードアシスタンスサービスを使うことはほとんどありません、万が一のためにあれば安心ですが、ついていない分安くなるなら仕方ないですし、オプションとしてつけられるので選択次第になります。

 

大人の自動車保険のメリット

大人の自動車保険のメリットはダイレクト型で代理店を通さないから安くなるというだけではありません。

安くなる条件は他にもあります。

事故率が低い40代・50代の保険料が割安

今までの自動車保険は、全年齢(18歳以上)、21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上など、運転者の年齢条件が設定されていましたが、「おとなの自動車保険」では事故率の最も低い40代から50代に注目し、年齢ごとの事故率を保険料に反映することで、40代、50代が割安となるようにしています。

 

保険料を必要な分だけ選んでかしこく節約出来る

代理店で加入すると必ずセットになっている、搭乗者保険、自転車損害、ロードアシスタンス、ファミリーバイクなど必要ないと思った保証を自分で選んで節約することができます。

なので、充実の基本補償をベースに補償(特約)の内容と保険料の内訳を確認しながら自由に組み合わせて納得の自動車保険を組み立てることができます!

 

過去1年間の走行距離に応じた保険料で無駄なし

もしあなたが、週末のお買い物しか車を使わない、普段からそんなに車に乗らないなら、またここで割引のチャンスです。おとなの自動車保険は、過去1年間の走行距離に応じた走行距離区分で保険料を算出。一人ひとりに合わせた合理的なしくみとなっています。

 

まとめ

いかがですが、大人の自動車保険、なぜ安いのか、

ダイレクト型自動車保険と代理店の違いについてわかっていただけたでしょうか?

 

このように大人の自動車保険はネット型の保険でも安心して加入できる仕組みとなっています。ネット申し込みなら10,000円割引となるのでこちらから確認してみてください。

 

・大人の自動車保険のネット申し込みをするならこちら>>

 

 

ダイレクト型で1番安い自動車保険を探したいなら

ここまで見ていただいた方は、車屋さんで自動車保険に加入せずにインターネットでダイレクト型の自動車保険に加入しても安心ということをわかっていただけたと思います。

ですが、ダイレクト型自動車保険は、「おとなの自動車保険」だけではありません。

CMで放送されているので、「おとなの自動車保険」の知名度は高いですが、実際には、ソニー損保、三井ダイレクト、アクサダイレクト、チューリッヒ、楽天損保など数え上げたらキリがないほどたくさんの会社があります。

またこれらの保険会社は、「おとなの自動車保険」の走行距離割引のような、それぞれ独自の割引が用意されています。あなたの車の使い方によっては、1番安く加入できる保険会社が変わってくるということもよくある話なんです。

 

でも全部の保険会社に自分で見積もりを頼むのって大変ですよね、そこで利用したいのが、無料で簡単に自動車保険を複数社比較できるサービスです。

これなら手間なくインターネットで1番安い自動車保険会社を探すことができますよ。

「保険スクエアbang! 自動車保険」なら、たった3分の入力で自動車保険の見積もり依頼ができるので試してみませんか。

 

↓保険を見直すため、複数の保険会社に一括見積もり依頼する↓

 

 

-保険
-, ,

Copyright© 生活が変わる「最強グッズ」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.